鬼石・棟石施工

鬼石・棟石施工

現在、大安禅寺様で行われている「令和の大修理」。

前回お伝えした工場で製作した鬼石・棟石ですが、それらを屋根に施工した様子を写真と共にお伝えします。

鬼石をチェーンブロックで吊り上げています
鬼石取り付けの様子。やねやの猪島さんと共同での作業です。
無事に据付が完了しました!
控えの鬼石・棟石です

設計、元請の方々にも慎重に検査頂きました。
そして先日、山門工事がすべて完了し全景を見ることができました!

また、鐘楼の屋根も同じく笏谷石製で棟石・鬼石を製作しました。

鐘楼の屋根はこけら葺きです。
石棟の取り付けにあたり、こけら葺きを施工された岐阜の田中社寺さんと共同作業です。
石棟は銅板の上に据付されています。こけら・銅板・笏谷石の色合いが美しいです

鐘楼の方も先日、全景を見られるようになりました。

今回の笏谷石製の石棟・石鬼の工事ですが、

原寸型製作から材料検査、製品検査を経て、施工までさせて頂きました。

鐘楼の鬼・棟・品軒の取り合いの図

苦労もありましたが、無事に完了し、ひとまずほっとしております。

近くにお越しの際はぜひご覧くださいませ。