再生笏谷石

再生笏谷石

【再生笏谷石への思い】 

笏谷石(しゃくだにいし)は、福井県産の石材です。

1500年前から福井市で発掘され、膨大な量を産出しました。その柔らかい青色から「越前青石」とも言われ、三国湊から北前船を通じ蝦夷まで運ばれた歴史があります。また、柴田勝家が越前平定時、優れた特産品として大量の切石を織田信長に献上したとの記録も残る、福井の銘石です。

しかし近年、安価な輸入外国産石材に押され、平成12年採掘が終了し、さらに平成17年に採掘洞が落盤するなどもありました。また、希少な笏谷石が産業廃棄物として廃棄されている現状もあります。

そこで弊社では、そういった使用されていない笏谷石を、「再生」し、一度失った笏谷石の輝きを取り戻していきたいと考えております。

dsc_9911

~弊社工場にて、笏谷石の古石から石板を加工の様子~

具体的には、解体した古民家や、放置され古材として廃棄予定だった笏谷石を引き取り、弊社工場にて再生加工し、製品として製作しております。

「再生笏谷石」を通じて、笏谷石の新たな可能性を見出し、広く多くの方に笏谷石の良さを、もう一度伝えていきたいと思います。

 

【笏谷石の古材の大きさについて】

笏谷石の規格材はかつて”尺六(しゃくろく)”と言われました。

これは規格サイズが、一尺(30cm)×六寸(18cm)×三尺(90cm) で足羽山から切り出されたためです。

こういった古材から笏谷石の製品を製作しますので、基本的にはこのサイズ内での大きさになります。

※墓石に使われた笏谷石は、再利用しておりません。

 

【笏谷石の色合い・模様について】

上の写真のように、笏谷石は石の色合いの濃淡が大きいため、色にばらつきが発生します。

採掘した時期により、石の模様(粒の大きさや密度)に差がございます。

こういった特徴も「天然の古材」ならではのものでございますので、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

【弊社工場にて製作した製品】

 

■石板(サイズ270mm×850mm まで可能)※サイズご相談下さいimg_4882

 

■床石(25cm×25cm×2cm)

 

 

■壁石(乱貼り用)

■縁石

■框石(長さ=850まで対応)

 dsc_0118

■束石(モッソ石)

dsc_0122

■笏谷石の六方体

dsc_0123

■笏谷石の瓦 

img_3209

■墓石の蓮華台彫刻加工

syaku

 

■石灯篭 ※表面はビシャン仕上げ

■笏谷石製 文鎮とゴルフマーカー

 

 

【建築施工例】

また、再生した笏谷石を住宅や店舗、社寺などにも納めております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■階段・腰壁(グリフィス館:福井市)

 

dsc02560

■住宅玄関(床石・框)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

■浴室土間貼り(セントピアあわら:あわら市)

 

■ワインセラー床、壁石(個人住宅:坂井市)

 

■笏谷石壁張り(個人住宅)

 

■神社 棟石

 

笏谷石の柔らかい青色は、御影石では出せない、温かみのある雰囲気が出ます。

住宅だけでなく、店舗や商業建築、温浴施設などに活用できると思います。

製作・施工事例は、こちらのページもご覧ください。

タグ:笏谷石 https://murakami-dairiseki.co.jp/tag/syakudani/

 

【製作依頼などのお問合せ】

御見積は以下のフォームに記入の上、メールもしくはFAXにてお問合せ下さい。

見積依頼フォーム ←左のリンクからPDFにてフォームをダウンロードしてください。

製品の製作、及び配送費込みの御見積や、サンプルの手配も承ります。

笏谷石の良さを、広く多くの方に知って頂きたいと思いますので、可能な限り対応したいと思います。

皆様のお問合せをお待ちしております。

 

【製品のお渡しについて】

製作した製品は写真のような木製パレットにて梱包の上お渡しいたします。

※上の写真は、27cm×80cm×2cmの石板8枚を梱包した例です。梱包など加えると90kg弱あります。

石は欠けやすく割れやすい商材なので、平置きではなく縦置きで発送します。

また、石は見た目より重く感じます。基本的にはリフトを使用できる場所にてお渡ししております。

もし、リフトがない場合でも大丈夫です。

その場合は、運送会社の支店止めで手配致しますので、その支店へお客様に取りに来ていただき、お客様の車両へ積込して、お渡し致します。

ご注文内容にもよりますが、ご注文頂いてから約2週間で製作完了・出荷し、福井から東京・大阪への配送で1日かかります。